片付けられない人

Print this pageEmail this to someone

ネットでニュース見てたら、よくある「片付けられない人は○○○式で片付けられるようになる!」っていう記事を発見。
ネットのニュースや本や誰かのブログなんかでもうありふれたジャンルだけれど、「片付けられない人」ってそもそも片付ける必要あるのか?って思うことが・・・。

まあ、本人に理想の形があって、実現する方法を探っている場合にはそういうアドバイスは有効だと思うけれど、「片付けられない人」って片付ける必要性がないから片付けないのであって、別にそれでいいと思ったりして・・・(笑)。
方法論だけ与えても、実際に動くかどうかとは別次元の話だと思うんですよね。なんでそんなに片付けたいんですかね。

私自身は、片付けることは好きだから(好きというか散らかってモノや情報がコントロールできない状態が嫌、頭のキャパが狭いんです・笑)、片付けられない人の状況なんてちっとも理解できず、一種突き放して考えてはいたんですが、ある時ふと・・・・・。

あ、私が朝型の人間になれないのと同じか。

早く起きるには早く寝ろ・・・。
わかっちゃいるけど、できない。必要がないから。
これが朝7時から仕事って決まってたら、絶対できますからね・・・。
そういうもんなんですかねえ・・・。

朝は頭が冴えて計画もしやすく、一日にゆとりが出る気分にはなりますが、朝早くから仕事してれば夕方にはもう飽きて終了モードになるのに、他の人からは仕事の話がバンバン飛んできて対応してると結局、残業気分・・・・。
強制されてるわけじゃないんだけれど、ブラックだわなあ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

初夏なので網戸お手入れ!

Print this pageEmail this to someone

タイトルからすると、私が網戸をメンテナンスしたみたいですが、業者さんです。

20170420-1

南側の網戸、古くなって網がボロボロ破けてきてしまったのを「テープ」貼ってごまかしてましたが、バッチリ張り替えてもらいました!
ピカピカに!(逆光の写真アップしたところで、よくわかんないですよね^^;)

20170420-2

今日も良い天気~~。
先週、あんな寒かったのに、もう夏日かよ~。
天気予報では、よく「平年並み」って言葉を聞きますが、もうその基準がわからなくなりました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

本棚には自分の願望が現れる・・・・。なりたい自分

Print this pageEmail this to someone

巷でよく言う
なりたい自分になる

この言葉、比較的新しい表現かと思うのだけれど(といっても10年以上はたってるかな)、最初に聞いた頃はウマイこと言うな~って感心してました。

けど最近は、使われ過ぎて安っぽさ、安易さを感じるようになり、同時に違和感も。
あ、「自分探し」って言葉がディスられるようになったのと同じ流れなのかな。

「なりたい私」ってなんぞや?!と突っ込むとあまりにも危ういからです。
「私」はすでに「私」なのに(笑)。

まあ、そんな屁理屈のことではなくて、例えば将来の職業で「●●の仕事をしている私」とか、「おしゃれな街に住んでる私」のように具体的な目標を目指す上での行動しましょうという意味なのですが。資格取得とか学校なんかのコピーだったような。

さて、前置きはおいといて・・。

先日、本棚を整理しました。雑誌類は読んだら早めに処分してるのですが、たまに捨てずに置いてるのがあって、見てみると・・・。

20170115

自分が、

早起きしたくて、
朝食にこだわりたくて、
健康でスリムでいたくて、
お金を貯めたいんだってことが、

よーーーーーーくわかりました!

叶えられてないってことよね。
これが、なりたい私か!?

しかし、ちっさいなあ~(苦笑)。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

読んでみた「服を買うなら、捨てなさい」

Print this pageEmail this to someone

自己啓発本やこういうライフスタイル指南書は、あまり読まないんですが、たまに気まぐれを起こして読んだりします。これなんか買ってしまった。

20161221

スタイリストの地曳いく子さんの著書、「服を買うなら、捨てなさい」。

帯に林真理子さんが登場しているせいで、一瞬著者の写真かと思ってしまうのですが違います(笑)。

感想。
洋服とつきあっていく上での方向性について参考になりますね!
一番、響いたのは「バリエーションの呪い」でした。

毎日違う服を着なければならないという思い込みのこと。
あ~~~これは思い当たるよね~。

着回し特集とか大好きだし(笑)。私だけでなく、みんな好きよね。ファッション誌の特集に必ずあるからね。着回し特集っていうのは、少ないアイテムでどれだけ違う雰囲気を作れるかってことで。

著者の言うところでは、好きな服を毎日着て何が悪い?ってところなのです。
それが自分のスタイル。なんかこれはスッキリしますね!

あと、服選びをスポーツに例えて、本当はテニス選手なのにスカッシュで勝負しようとするとか無茶・・だとか。
服を選ぶのも日常の食品の買い物に例えて、醤油が必要なのにみりんを買って帰るか?・・とか、読んでるだけで、今、本当に必要なものについて厳しく見直すことができそう。

ファストファッションが定着してからというもの、安いあまりに色違いの変なものを買ってしまい、結局埋蔵させてしまうことの増えた私には耳が痛い話です(苦笑)。

つい、安いからいいかって微妙なトップスを3枚買ってしまうよりは、納得のいく質の良いものを買いなさいという提案。
その例えが5000円のタイツなんですが、どこかで読んだ記憶が・・・・。そこで思い出した。
ファッション誌のサイトでこの方がそういうお話しをされていました。(5000円のタイツってのはインパクトのある言葉だよな、覚えてるくらいだから)

かなり共感する内容ですが、後半の方の実際に服を買うときの流行に関する話については、ちょっと主張がブレているようにも思いますが、今持ってる服を減らしたい時には良い読み物かも。

あ、でも5,000円のタイツは・・・ないな~~~。絶対に破けないんだったら考えるけど。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

ナツメロに浸る

Print this pageEmail this to someone

東京はシトシト雨が降る夜。
だから連投するわけじゃないですが、ちょいと音楽についておしゃべり。
一昨日からナツメロ大会してます(笑)。

大学の頃きいてた麗美。
ユーミンのプロデュースでデビューした沖縄出身のシンガーで、透明感のある独特な声の方です。

当時リリースされたアルバムは大体聞いてたのだけれど、この頃よく思い出すんですよー。なんでかな・・・。
先日、突然、神の啓示のように「パンジーとトパーズのネックレス」のフレーズを思い出して、すぐ聞きたくなってyoutubeへGO!

ずっと待っていたのに、夢を叶えることが怖くて失くしてしまった初恋に心当たりのある方には、グッとくるかもしれません(涙笑)。

それと「星のクライマー」!

この曲、聞いた当時からもしかして植村直己さんをモチーフにしているのかな・・・って思っていたのですが、今ネットで調べると、ユーミンが植村直己さんに捧げた曲であるのが定説になってるみたいで?
ユーミンからそういうコメントがあったのか私は把握していませんが、一般人の私が、初めて聞いた時からそう感じたってことは、同じような印象を持った方が多いということなのでしょう。
ユーミン作詞、麗美作曲だそう。

この詞の中では、「観客のいない試合の 鳴り叫ぶテントで恋しい人を想う」というのが印象的でした。
「観客のいない試合」
冒険家や登山家だけでなく、孤独に戦う人はみんなそうですよね。

なんだか涙目になってきたのでこの辺で!!^^


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村