最近読んだ片づけ本

Print this pageEmail this to someone

最近片づけ本を何冊か読んだのですが、ちょっと面白かったのが、こちら。

ジャン!
20190223-1

図解 いつも余裕のある人が実践している 男の部屋の整理術
かたづけ士 小松易さんの本。
タイトル通り、若い男性向けの指南書です。指南書っていいたくなる構成。
完全マニュアルというのでしょうか。(やはり男性にはマニュアルが受けるのかな・笑)

ワンルーム一人暮らしを想定に、部屋の場所別、モノ別に章を分けて、仔細にアドバイスをしています。
まさに図解です。
(↓ちらっと見せ)
20190223-3
20190223-4
20190223-2

男性向けだけあって、アダルトDVDやコンドームの収納方とかも。
具体的な「モノ」以外に、PCのデスクトップのアイコンの配置とか、メーラーの整理術まで、とにかく細かいところまで行き届いている!(笑)

一通りこれやったら、人生がスッキリするんじゃないでしょうか。
私は先週、ブラウザのブックマークを整理したんですが、それがものすごーーーーーーく世界をスッキリしてくれたんですよ~。
情報の整理ってことですけどね。
情報に関しては、生活空間を脅かすような散らかりはないんですが、頭にプチストレスを溜めていってくれるんですよね。

と、脱線しましたが、この本は男性に限らず、小部屋住みの人にはおすすめです!
まず図解が良いです。気にしないで暮らしてるとこうなっちゃうよねーっていうNG図が良いのです。
片付け初心者の人(初心者って言い方もどうかと思いますが・汗)は、自分の部屋の何がNGなのかがまずわからないと思うんです。

それでも部屋をキレイにしたいという思いがあるなら、「床置き厳禁」とか「ソファにモノを置かない」とかのルール、試行錯誤していつかはたどり着くと思いますけど、ワンルームのNGパターンはほぼ網羅されているので、
「よくわかんないけどやってみろ!」です(笑)。
なんか女性が書く女性向けのお片付け本って、「夢」とか「未来」とか「理想のくらし」とかふわっとしたワードが多くて気が散るというか読みづらい時も・・・(途中で飽きる)。
いえ、方向性は間違いないし、モチベーションも上がるし、行き着く先は一緒なんですが、
「とにかく片付けたいんじゃーーーー」って場合には1冊読んでられません!

で、私自身、なるほどと思ったのは、書類の整理方法の、「普段は見ないけど捨てられない契約書などの書類」。
私はすでに実践してるんですが、「こういうのはまとめてクローゼットか押し入れに」とあって、そう、ワンルームだとそこに仕舞うしかないのよ~~~っと同意してくれる人を見つけて安心したような心境です(笑)。
モノはカテゴリーで分けた方がいいので、書類はひとまとめにしたいんですが、保存書類の量が膨大になるので、身の回りにはおいておけないのですよねー。
一時期、クローゼットに書類を仕舞うという行為に納得いってない時期がありました(笑)。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。