ナツメロに浸る

Print this pageEmail this to someone

東京はシトシト雨が降る夜。
だから連投するわけじゃないですが、ちょいと音楽についておしゃべり。
一昨日からナツメロ大会してます(笑)。

大学の頃きいてた麗美。
ユーミンのプロデュースでデビューした沖縄出身のシンガーで、透明感のある独特な声の方です。

当時リリースされたアルバムは大体聞いてたのだけれど、この頃よく思い出すんですよー。なんでかな・・・。
先日、突然、神の啓示のように「パンジーとトパーズのネックレス」のフレーズを思い出して、すぐ聞きたくなってyoutubeへGO!

ずっと待っていたのに、夢を叶えることが怖くて失くしてしまった初恋に心当たりのある方には、グッとくるかもしれません(涙笑)。

それと「星のクライマー」!

この曲、聞いた当時からもしかして植村直己さんをモチーフにしているのかな・・・って思っていたのですが、今ネットで調べると、ユーミンが植村直己さんに捧げた曲であるのが定説になってるみたいで?
ユーミンからそういうコメントがあったのか私は把握していませんが、一般人の私が、初めて聞いた時からそう感じたってことは、同じような印象を持った方が多いということなのでしょう。
ユーミン作詞、麗美作曲だそう。

この詞の中では、「観客のいない試合の 鳴り叫ぶテントで恋しい人を想う」というのが印象的でした。
「観客のいない試合」
冒険家や登山家だけでなく、孤独に戦う人はみんなそうですよね。

なんだか涙目になってきたのでこの辺で!!^^


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。