ついしまい込んじゃう化粧品

Print this pageEmail this to someone

そろそろ乾燥が気になる季節になってきました。
年を重ねるごとにしぼんでくるお肌には、潤いを与えてごまかしたい労わってあげたい時期です。
ドラグストアの店頭にもボディクリームが主力品として並び出すので、毎年ワクワクして購入する気になるのですが、これまた気付くのが・・・・

まだ残ってる

夏用のサラサラタイプが・・・・、去年の冬の超しっとりタイプが・・・・、
残ってるじゃんかー!

ようするに使ってないんですよね。毎日使っていたらワンシーズンで2本は使い切るはずなんです。
ダメだなあ・・・・。

そこで先日から「導線作戦」始動。

これまでクローゼットの引き出しにあったボディクリームをバスルームに移しました。

IMG_1384

ウチは狭いユニットバスなので、トイレに置いてあるようなもんですが(笑)、
風呂上りの裸の内に塗るほうがずっと効率良く、自然と使うようになりました。

クローゼットに入れてあったのも、服を着替える時に使う前提だったんですが、先にパンツはいちゃったりするともう脱ぐの面倒だしさ(笑)。

それと、バスルームにして一番良かったのが、踵に塗りやすくなったこと。
足の裏につくから、リビングでお手入れする時はすぐ歩かないようにタイミングを見計らう必要があり、せっかちな私にはなかなか難しい・・・。一時は「洗えるスリッパ」を使ってたりね。(タオル地の)
バスルームはバスマットが敷いてあるので、余分なクリームを押さえてくれるから、バスルームから出るころにはスリッパ履いてもそんなに気にならないです。

こういうボディクリームもそうだけど、化粧品ってつい気分で買うことが多くて使わなくなるケースが本当に多い・・・。
買って「収納」しちゃって・・・。お蔵入りしてどうするよ。「収納」と「置き場」は違うのよ。

本当に必要だったらどこにしまおうが使うハズなんで、じゃあいらないんだなってことになるけれど、やっぱそこはお肌メンテを習慣化したいということで。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。