読んでみた「服を買うなら、捨てなさい」

Print this pageEmail this to someone

自己啓発本やこういうライフスタイル指南書は、あまり読まないんですが、たまに気まぐれを起こして読んだりします。これなんか買ってしまった。

20161221

スタイリストの地曳いく子さんの著書、「服を買うなら、捨てなさい」。

帯に林真理子さんが登場しているせいで、一瞬著者の写真かと思ってしまうのですが違います(笑)。

感想。
洋服とつきあっていく上での方向性について参考になりますね!
一番、響いたのは「バリエーションの呪い」でした。

毎日違う服を着なければならないという思い込みのこと。
あ~~~これは思い当たるよね~。

着回し特集とか大好きだし(笑)。私だけでなく、みんな好きよね。ファッション誌の特集に必ずあるからね。着回し特集っていうのは、少ないアイテムでどれだけ違う雰囲気を作れるかってことで。

著者の言うところでは、好きな服を毎日着て何が悪い?ってところなのです。
それが自分のスタイル。なんかこれはスッキリしますね!

あと、服選びをスポーツに例えて、本当はテニス選手なのにスカッシュで勝負しようとするとか無茶・・だとか。
服を選ぶのも日常の食品の買い物に例えて、醤油が必要なのにみりんを買って帰るか?・・とか、読んでるだけで、今、本当に必要なものについて厳しく見直すことができそう。

ファストファッションが定着してからというもの、安いあまりに色違いの変なものを買ってしまい、結局埋蔵させてしまうことの増えた私には耳が痛い話です(苦笑)。

つい、安いからいいかって微妙なトップスを3枚買ってしまうよりは、納得のいく質の良いものを買いなさいという提案。
その例えが5000円のタイツなんですが、どこかで読んだ記憶が・・・・。そこで思い出した。
ファッション誌のサイトでこの方がそういうお話しをされていました。(5000円のタイツってのはインパクトのある言葉だよな、覚えてるくらいだから)

かなり共感する内容ですが、後半の方の実際に服を買うときの流行に関する話については、ちょっと主張がブレているようにも思いますが、今持ってる服を減らしたい時には良い読み物かも。

あ、でも5,000円のタイツは・・・ないな~~~。絶対に破けないんだったら考えるけど。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

ナツメロに浸る

Print this pageEmail this to someone

東京はシトシト雨が降る夜。
だから連投するわけじゃないですが、ちょいと音楽についておしゃべり。
一昨日からナツメロ大会してます(笑)。

大学の頃きいてた麗美。
ユーミンのプロデュースでデビューした沖縄出身のシンガーで、透明感のある独特な声の方です。

当時リリースされたアルバムは大体聞いてたのだけれど、この頃よく思い出すんですよー。なんでかな・・・。
先日、突然、神の啓示のように「パンジーとトパーズのネックレス」のフレーズを思い出して、すぐ聞きたくなってyoutubeへGO!

ずっと待っていたのに、夢を叶えることが怖くて失くしてしまった初恋に心当たりのある方には、グッとくるかもしれません(涙笑)。

それと「星のクライマー」!

この曲、聞いた当時からもしかして植村直己さんをモチーフにしているのかな・・・って思っていたのですが、今ネットで調べると、ユーミンが植村直己さんに捧げた曲であるのが定説になってるみたいで?
ユーミンからそういうコメントがあったのか私は把握していませんが、一般人の私が、初めて聞いた時からそう感じたってことは、同じような印象を持った方が多いということなのでしょう。
ユーミン作詞、麗美作曲だそう。

この詞の中では、「観客のいない試合の 鳴り叫ぶテントで恋しい人を想う」というのが印象的でした。
「観客のいない試合」
冒険家や登山家だけでなく、孤独に戦う人はみんなそうですよね。

なんだか涙目になってきたのでこの辺で!!^^


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

ニキータの部屋

Print this pageEmail this to someone

思えば、だいぶ昔の映画ですよねえ。
リュック・ベッソンの日本での知名度を一気に上げた映画「ニキータ」。その後の「レオン」の方がナタリー・ポートマンやジャン・レノ人気も相まって代表作扱いですが。
私はニキータ、好きでした。

で、ここは映画評ではなくてお部屋の話(笑)。

以前、SATCのキャリーの部屋の間取りを作って遊んでたりしましたが、ニキータ版で。

ニキータが諜報員としての訓練を終えて初めてパリの街に出てアパートを借りるところ。

20160319-2

すっごい汚い状態ですが、彼女は「完璧」と言って即決。
あれが、こうなって、、、

20160319-4

やがてこうなる。

20160319-1

こうなる頃にはステキな彼氏ができていて、いかにも若いカップルの住まいということになってます。

で、間取り図がこうですね!

ニキータ間取り

ワンルームの小部屋ですが、広さはけっこうありそうだな。

あの向こうの壁につけてあるテーブルが、

20160319-7

ゲストが来ると部屋の真ん中に置かれてディナーテーブルになる。

20160319-6

ソファはもちろん、ベッド兼用です。

少々、謎は残っているんですが、トイレがキッチンの方にあるのに、浴室はリビングの奥なんですよね。
会話の中で、「彼女は浴室に」って言ってたら扉開けて出てくるから間違いないでしょう。トイレ付きのバスルームと、もう1つ別にトイレがあるんだろうか、この狭い部屋の中で・・・。

あとは、キッチン横の扉の謎は解けていません。開いたところ見たことないから。
ウォークインクローゼットみたいな部屋か、昔の建物で繋がっていた2部屋を分けて貸しているとか・・・?まあ、知る由もないことですな。

この映画を見た当時、その後も長い間、「ソファベッド」というものが理解できてませんでした。

あれー、最初ベッド置いてあったなあ、、、ソファを買ってベッドは別の部屋でもあって移動したのかなあーなんて疑問が。

その疑問こそがこの部屋に執着する原因だったのかもしれない(笑)。

当時の日本には、ソファベッドって今ほど普及していなくて、もちろんあったけれど
マットレスみたいな3つ折りとか、シングルベッドが縦に二つ折りになってソファになるという形のものしか見たことなかった。少なくとも私は。。

今はIKEAのおかげでいろいろなタイプのソファベッドを知ったのでこの映画のものでも納得ですが。
私が二人掛けソファ&ダブルベッドを購入したのも、もしかしてこの影響だったりして(笑)。

ニキータはVHSを持っていたのですが、もうだいぶ前にビデオデッキは処分してしまったので再生できないままでした。もちろんVHSも今は持ってませんが。
最近、Amazonプライムビデオに入っていたので、懐かしくて見ちゃったら、間取り解剖熱が復活して、休日の午後を費やすハメに。。。

ヒマなのかしら。
でも昨日、仕事切り上げて飲みに行っちゃったよね??明日やればいいやってね?
あらあら・・・っす。

興味ある方は、Amazonビデオでどうぞ!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

兵隊やくざ

Print this pageEmail this to someone

たまには映画のこと。
今夢中になってるシリーズ(笑)。

20160216

別にカツシンが好きなわけでなくて、どちらかといえば田村高廣さんが見たかったんですけど。

映画が制作された時代は1960年代で、物語の背景は終戦間近の中国戦線。
性格の全く違う二人の兵隊の愛(?)と友情の冒険活劇といった話でしょうか。
シリーズ最初の頃は軍隊からの「脱走」がテーマだったみたいだけれど、流れもののようにあっちの軍隊、こっちの軍隊へと、悪を成敗しながら移っていく話。

ざっくり感想としては、今現代、こういう映画って作れないよな・・・とまず思います。

サスペンスドラマは毎回人が死にますが、これもまあそういうノリか。よくある時代劇では主人公がチャンバラを繰り広げて悪を切り・・・ですがそれを軍隊におきかえたような雰囲気ですね、とにかく勝新が暴れる暴れる。

そして羨ましいくらいの2人の結束の固さ。
「もう、つきあっちゃえばいいじゃん~~」って思いつつ見ていたらシリーズ8作目では満州脱出中に置き去りにされた赤子を保護しちゃって、
「これは俺たちの子だ」「内地に帰って3人で一緒に暮そう!」って、、、どうしてそうなる?!(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

目標2個め 映画を見る

Print this pageEmail this to someone

去年はそれ以前よりずっと映画を見たほうだったのだけれど、これからはもっと見たい(笑)。
しかも日本の映画を見てないせいで若手俳優や監督の動静がまったくわからなくなってる!(困った)

なので、もうちょっと映画を見やすくする環境に変えていかなければならぬ・・・・ということで、いちおうは近所のGEOに登録してあるのだけれど、そこに行くのすら面倒(・・・映画見る見ない以前の問題のような・・・汗)なので、やはり映画を見れる動画サイトに登録しました。
hulu ね。

http://www.hulu.jp/

必ずしも見たい番組があるとは限りませんが、そういうのは自ら求めていけばいいし、「そういえばコレ見たかったんだよね~」というレベルで楽しむなら月1000円はお手頃でよさそう。

何かしら「行動」を変えたいときには、気合も大切ですが、「気合」だけでは続かなくなるものです。これは惰性になれていく人間なのだから仕方がない!!(キッパリ)

だからそこは、「環境を変える」方向で自分を援助します(笑)。
スポーツもそうで、ジムに行くのに必要なウェアやシューズやシャワーのセットは適当なバッグに入れて取り出しやすくしておかないと、毎回出かけるまでにエネルギー使うでしょ。
仕事のデスクまわりもそうだし、料理する環境もそうだしね。

「気合」は続けて行く時に入れるもので、始めるときには「気合」なんかたいしていらないものだと思う~。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村